Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

自己概念ひろめな話

「ワタシ」ってどこからどこまで?
という問いを、小さいころよく立てませんでした?
このブログの読者ならゼッタイ立ててると思う(爆)

当時は、脳みそイコールワタシだな、と思ったもんです。
手がちぎれてもワタシは在る。胃がほとんどなくなってもワタシはある。
内部筋や身体パーツとは自己対話可能なので、
集積自己としてはだいぶ取れていきますけど、「思う、とワタシ」はニアリー。
そんな感覚を、言語化できないんで、感覚で持ってました、小中学生当時。

今でも、ある意味そう思ってます。

前頭葉が顕在意識部分。
大脳の一部・間脳・脳幹が潜在意識部分。

古い脳の”上丘”なんて、「何かが迫ってくる気配」に反応しますよ!
視覚情報じゃないんですよ?気配。気配です。
微弱電気信号取ってるんでしょうかねー?

脳みそ恐るべし。

スピ系で「波動」とかオーラ情報とか言ってる大部分が
物理的脳の科学の範囲内で説明されてしまう。そういうことです。

で、ですね。
私がこの記事を書いてる経緯を説明すると、1月からの福岡も地名天神、
先々月から梅紋(真ん中に大きなマル1個、周りに小さなマル5個)を
よく目にするようになって、行く先行く先、歩いても天神社見てたので、
福岡のマキ姉さん(矢野講座の先輩)に、
大宰府へ連れて行って頂くよう頼んでいたという流れ。

で、行ったら行ったで25日で、
一時間に何本もない特急に往復とも乗り合わせ、
現地では「連舞(つれまい)」の榊舞を
巫女さん二人が踊る祭礼の直前に行き合わせ、

あとでマキ姉さんが調べたら25日は菅原センセイの
誕生日と命日から
祭礼日になってたというオチ。



この現象を、スピ系では「引き寄せ」とか「流れに乗ってる」
というのですが・・・

「自己」は肉体+オーラ層までの自分、と定義している人は
受信の顕在化を”お告げ”風にキャーキャー騒いで盛り上がれるんですけど、
そこは私スルーで広く行きたいので、
盛り上がりたい派はそっちのページ行って下さい。

あ、それでウキウキできる人たちの否定じゃないですからね。
グッと来る遊びの落としどころが違うだけで(十分挑戦的な表現だろ)。

もうちょっと「概念的拡張自己」(←定義語ではなく造語ですので注意)を
広く取れば、こういう「潜在意識的キーワード収集と現象一致」って

全情報を持っているハイヤーを含む自己(潜在意識+集合無意識連結部)が
「天神さん関連のイベントを楽しもう~♪」と
漠然と意図しているときの動きにすぎないと思うんですよね。

遊びのスタイルの違い、もうちょっと補足説明しておきますと。

”神の声を聞いたー!”とか”○○からのメッセージを頂いたんです!”みたいな
キャピキャピ感満載の状態から一歩進んで「特別視されたいワタシ」の演出過多だと、
私個人のクセとしては「ぷっ」と笑っちゃうんですよ。
アンタもワタシもみんなもめいめい特別に決まってるだろ、みたいな。

   そこですか~。自分で自分を肯定するほうもバランスよくやって下さいよ。
   自己内対話が苦手で「人からの賞賛ほしい」ばっかやってません?
・・・という感覚です。


「すごいって言われたいワタシ!」な動きばかり目立っちゃうと笑えちゃう。
自分の遊びスタイルが、埋没型・惚れたもの没頭型(ネクラオタク系)だからです。

そのくせこんなブログ書いてるとこがご同類ですけど(笑)


たぶん未整理で粗々でも掲載しておけば、ここを踏み台に洗練された図解を
誰かがしてくれるに違いない。人類の潜在意識ってつながってますから。
アタイはボール投げた!後だれか頼む。そんな感じ。
category
ラクに生きるヒント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。