スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

困ったときのイエス兄ちゃん

お金講座、お申し込みありがとうございます☆まだ残席ございますよ~ぅ。
「日常プチリッチ」な内容てんこもり♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

~私は、私が豊かであることを許します~ 
「水瓶座時代のお金講座」  3月24日(土)14;00~17:00
☆詳細ページはこちら☆

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
☆お申し込みフォームはこちら☆
       ブログ読んでるよ、と備考にお書きそえくださいね!

 **************セッション日程情報**************
 ↓お問い合わせ受付中です↓
4月10日(火)終日アキ
4月16日(月)09:00~11:30/16:00~18:30 さいたま新都心近辺

短めのお時間なども、メールにてご相談ください。
☆セッションメニュー☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
にほんブログ村 今日は卒園式よ♪
       **************

くり(3歳)が、
「くりは、イエス兄ちゃんが、好きなんだ…」
といいます。

そうなんだ~~。
どこが好き?と聞くと、「やさしいとこ」

そうだよね~~。

親戚の兄ちゃんみたいな扱いで、スイマセン(笑)
いやちょっと、敬して遠ざける風だと、見えないみんなもさびしいかなと思って♪
愛してます。見えない人たち☆


このところ、私の中でもね。
イエスさまいてくれて、よかったよーーー

と思うことが多いのです。

芽吹きの3月だからかしら、ご相談内容が
今までの重い体験で相手に伝えそこねてきたこと、一人で抱えていたことを

          一緒にゆるめたい!


というオーダーをたくさん頂きます。

日常を陽気に&しみじみしあわせに、将来をがっつり、進んで行くには


過去のご自分にふりかかった体験が、つらすぎるケース。
~ここにエネルギーをとられてると、疲れが抜けないんですよねー、イマイチ。
自分がほめられたり、愛されたりしているのに、受け取れなかったりさえします。

  だから、ここをゆるめると、目の前にどんぶらこと来ていた桃が取れます。
  桃、あなたの前に、待ち行列作ってるんですよ。
  桃太郎が桃の中で成人しないうちに、取ってやってください(笑)
  桃から毛脛出てる(ウソ)。

  海外旅行話だったり、新しい仕事だったり
  新しい彼だったり、人格変わったかと思うお母さんの優しげ豹変だったり。
  桃の中身は、いろいろです☆


この、川上からの桃の行列を次々取るために、両手をあけようと決断されて
私には起こってこなかった、さまざまな、ほんとうにさまざまな人生を

クライアントさんが、私の目の前に、広げてくださるのです。

私、駆け出しさんなのに、こんなに信じてもらってると思うと…
鼻の奥がつーんとします。


   「100%理解することは無理とわかっていても、

    私が理解しようとできる限界まで、理解しようとし続けよう」


この決断を支えてくれるのが、イエス兄ちゃんなのですね。

クライアントさんの体験がヘヴィであればあるほど、
イエス兄ちゃんにはそばにいてほしい。(まりちゃんにも)



  なんせあの兄貴はさー。


  彼女いない歴はわりと長い模様。
  早い時点で父死亡。
  宣教期は3年間生きたっきり。すぐ逮捕→処刑。
  その前30年間、家族と仕事にかかりっきり。(少年時代の”暴れ話”はありますが)
  宣教開始すぐに、「家族がとりおさえに」来たクチ。
  弟子の一人に裏切られ売られる。
  逮捕のとき、弟子ことごとく逃亡。
  ローマ兵にさんざんなぶりものにされる。
  自分が打ちつけられる木の運搬までやる(これは途中でギブ)。
  母の目の前で刑死。しかも磔。
  死刑執行中にも、地上宣教さいごの一人(隣の泥棒)を天国行きに回心させる。


ヘヴィでしょ…。

母まりさん側から言うと

  処女懐胎のせいで、婚約解消と石打刑の危険にどきどき。
  身重なのにベツレヘムに人口調査で呼ばれてへとへと。アキ宿なし。
  初出産が馬&羊だらけの場所(爆)
  息子を殺されまいと、ヘロデ君から逃げる。
  一家おちつくかなーと思ったら夫死亡。
  長男、いきなり30歳で家出。神の国を伝えるので、世間体ピンチ。
  長男、実家近くの会堂で宣教してもみ合いの大事件発生。
  兄弟といっしょに連れ戻しに行ったら、門前払い。  
  結局長男は逮捕・裁判・刑死。目の前で息子が死ぬのを見る。

ヘヴィでしょ…。(←この表現しかできない。スマン)




よく、幸せな人はキリスト者に聞いてます。

「イエス様って神様なら、
十字架にかけそうな人たちなんか神の力でギタギタにしちゃえばいいのに。

どうしてそうしなかったんですか?」



  答え)とことん人間ラブな神様だからです。




「奇跡バシバシ」だけの神様じゃ、
「地球で人間をやりまーす」という参加型超ド級アトラクションの
ダークすぎる部分、ヘヴィすぎる部分が、すかっとすっぽ抜けるんです。

どうしようもない怒りや悲しみ、恨み憎しみの中から

あるとき何かがほぐれる。
他人のいとおしい部分を見て手をさしのべ続けたり、
自分で自分を嫌っていたのを、うす皮をはぐように愛し始めたり。

すると、つぼみが次第に花開くように
「丸ごとの愛」がぐるりんとひっくり返って自分を覆ってくる瞬間。
この本当の本当の人生の奇跡。


”シアワセいっぱい人生~~”の神様じゃないから、
これを丸ごと、保証できるんですよ。

だから困ったときのイエス兄ちゃんなんですよ。
トロイの木馬の人も、オイディプスさんも、
ヤマトダケの尊も(中世人だとヤマトタケルのことをヤマトダケといいますね)
悲劇の人って、けっこうそこらへんを

いっしょにいてくれる存在なんですよね。

マッチ売りの少女とか、幸福の王子なんて、もう英雄ですよね。はい。


私も、平坦な人生歩んでますから(笑)
おびおびしながら、びくびくしながら
でも、あなたに寄り添う決心だけして、ここにいます。
私にシェアしてくださって、ありがとう☆
スポンサーサイト
category
ラクに生きるヒント

Comment

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/101-5b330670

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。