スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

夜泣きぐり

息子くり(3歳)、3月31日からおとといまでずっと、

     「今日は保育園行かない??」と、毎日毎日聞いてましたーー。

はい、行きませんよ。
聞かれるたびに、こちらも幼稚園の説明です。10回は同じ流れだったなー。
保育園、行きたくないのに、だいぶがんばりましたからね!無理もありません。
気がながーーーーいときもある、流しのヒーラー兼おかん、けいこです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
にほんブログ村 環境が変わると、子供も疲れる。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
☆4月の日程☆
☆セッションメニュー☆
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

娘まめ(6歳)の入学式当日はむしろ、心理的主役(笑)はくり。
くりが「いっしょに行かない・・・」と言いはじめたころから、雲行きが怪しくなりました。


  「お祝いだから、くりも行っておめでとうしてあげない?」
  「ネエネエ(まめ)は、かわいい格好だねーー」
  「ネエネエは小学校はじめてだから、ついていってあげようか」


この程度じゃ、「自分にとって何が嬉しいか?」というイメージや、
「みんなで家族のことを喜ぶことは嬉しいことなんだ」という実感が、わかないんですよね。
で、トイレにも行かない・・・だったところを、お父さんに強制連行されました。

それから丸一日、トイレには「行かない」宣言。
いや、自然が呼ぶときは行けるんですが、夜寝る前のお約束トイレを守るのはムリ。
またまたひと悶着。

そして、夜中の3時。
やっと抑制が取れて、何年ぶりでしょう?夜泣きーー。

泣きながら足をばたばたさせて苦しい泣き方を続け、手をはらいのけます。
お母さんも合わせて泣きまねしてみて、だいぶ「お母さんはこういう気持ちだなーー」
を合わせワザで話しながら抱っこにさそいました。20分ぐらい自分でがんばっちゃったかな。
とうとうお母さんのところに泣きにきましたね。

「一人でがんばれると、かっこいい」というお兄さん論法を
保育園の最年長ですから、ずいぶんお手伝いへの貢献もあって
いろんな人から上手に使われ、刷り込みも強かったですね。
だから、歯を食いしばって泣かないクセが強化されてて、余計苦しい。
苦しいよねーーー、と言い合えると、ラクになれるのですが。まだまだそれは途中です。

頑張り屋さんで、負けず嫌いだと、
お母さんに抱っこして甘え泣きをするあの脱力系のホッとした子供の安心から
自分を遠ざけて、がんばってがんばって苦しくなっても戻りにくいものです。

というわけで、一見上手にこなしている子供ほど、
高いセンサーでさまざまなことを取り込んで、抱え込んでいるし、

見えない負担はすごーーく大きい・・・なお話でした。ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
category
子育てと詩

Comment

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/128-8a38fbc2

まとめteみた.【夜泣きぐり】

息子くり(3歳)、3月31日からおとといまでずっと、
  • 2012⁄04⁄11(水)
  • 04:45
  • まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。