スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

お金講座のご感想(3)

いつもお読み頂き、ありがとうございます。
困ってない時も&ちょっぴり困った時も、あなたのそばに けいこです☆

今月はとくに、「新しくはじめる」テーマのお客様に出会わせていただき、感謝しております。

もしあなたの夢の具体化の方法がわからなかったり、周囲の応援がイマイチで不安になったりしたら、
ぜひセッションのお問い合わせをなさってください。あなたの直観の確かさを、ご一緒に検証しましょう♪
++++++++++++++++++++++++++++++
☆4-5月の日程☆
☆セッションメニュー☆
++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
にほんブログ村幸せは、味わうもの

それでは今週も、先般ご好評頂きました
ワークショッププラネットさん主催の『水瓶座時代のお金講座』。
ご参加下さった方からのすてきなご感想☆を掲載させて頂きますね~♪


A・Mさまより

☆ご自身にとって印象に残ったお話やワーク

(1)お金はのりもの

  <けいこよりヒトコト>
   お金は便利な道具で、交換(決済)・流通・貯蓄の3つのはたらきをします。
   そして、人間が使う道具はたいてい、「感情ののりもの」「表現の手段」にもなります。
   お金も例外ではありませんね。

   「ありがとう。とってもうれしい気分」という気持ちがのるか、それとも
   「ちくしょう、払えばいいんだろ」という気持ちがのるか・・・は、
   そのシチュエーションはさまざまですが、いざ使う方の意識で
   実際は、たいそう変わるものですね。

   ご自分がのせてうれしくなるお荷物を、お金という船とともに、送り出してみましょう。
   ご自分がお金を迎え入れられるとき、お船にはよいお荷物がのっていますように。

(2)お財布の話

  <けいこよりヒトコト>
   財布の長と折、どちらを選ぶかそれぞれの理由をシェアしました。結論は自分軸。
   形あるものはみな、見られ、選ばれ、大切にされることが好きですね。
   だから、今もっているお財布やお札を、こまやかに扱う心の持ち方もすてきです!

   こまやかさの例としては、
    皮製品ならハンドクリームでちょっとふきふきしてみたり。
    レシートは札入れとは別に、持ち回りの際の入れ場所を決めておいたり。
    お札がのんびりできる環境を整えたり。

    いろいろできます。ご自身のお好みに合わせてくださいね・・・

(3)色々言われているが決めるのは自分

  <けいこよりヒトコト>
   A・Mさまからの貴重なご質問は、「ディスカウントやアウトレット価格は、是か非か?」
   お読みになったご本に書かれていたことです。すばらしいご質問でしたね!

   A・Mさまが疑問に思われたとおり、1つのことについて、二通りの考え方ができるのです。

   ・私は、品物をより安く買いたい。
    同じ品質の商品が安く買えるのは、運がよいということのしるし。

   ・私は、自分の気に入った品物を、作った人や仲介した人に利益が出るように買いたい。
    そして、商品の対価を、手に入れた品を大切に扱う姿勢につなげたい。

   どちらも大切。どちらも相応の理由があります。
   そしてなによりも、「わかった上で自分が選ぶ」ことができるのでしたね!


☆講座の雰囲気など
 少人数でいい雰囲気でした。
 お茶やお菓子があると初めからなんとなく和やかな雰囲気を感じました。
 ごちそうさまでした。

  <けいこよりヒトコト>
   このご感想を頂戴したこと、しみじみうれしくて。
   ありがとうございます!

A・Mさま、感謝しております☆

A・Mさまに毎日心から味わえる幸せが、たくさん訪れますように☆
そして、お読みくださった、あなたにも☆
スポンサーサイト
category
お客様の声

Comment

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/129-8cae1b74

まとめteみた.【お金講座のご感想(3)】

いつもお読み頂き、ありがとうございます。ゼンゼン困ってない時も&ちょっぴり困った時も、あなたのそばに流しのヒーラーけいこです☆今月はとくに、「新しくはじめる」テーマのお客様に出会わせていただきます。もしあなたの夢の具体化の方法がわからなかったり、周囲の...
  • 2012⁄04⁄12(木)
  • 05:50
  • まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。