スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

「ワタシに構うな」の構え

某すてきなおねいさんのところで、精油たっぷり&チャントつきの極上癒しをおねがいしてきました。
感情的には遠い感じなんですけど、たぶん巷で言われてる「過去世」のシチュエーションを
想起してました。ということはいわゆる催眠(変性意識)状態に誘導することのできる癒しだと。
ひたすらすごいです。

あいまいながらたどっていたのは、事前の会話(本日の中心テーマ)のなかで
「夫からやってもらうことが、うーんこれじゃないんだよなというような」
「じゃこういうことやって、って言わないんですか」
「言わないんです」
「じゃあ、あたりにくいですよね。”かまってー”とかいえるといいですね」
と、「”かまってー”と言える私」にフォーカスするとともに
アイスクリームとポテトチップスを食べてアレルギーをひどくする私、にも
触れていたんですが、それに関するストーリーでした。

夢の中での私みたいなあいまいな私ですが、捕まりまして
家族か親しい人か子供が泣きながらひっつこうとしてくる。
「きちゃだめだー」と言う感じ
(だって関係者だと一緒にひどいめにあうでしょ。殺されたり)

他人のふりしてくれないと守れない。
私に構うと殺される。

こういった価値観(?)を自分の中の何かの行動基礎にしていて、
「かまってと言わない自分」
「でも寂しいんでアイスとポテチ」
こういう結果が出ていると。きれいな芋づるでした。
(「ゲシュタルト的にベタ」といいましょうか。
つまり変性意識前に情報の断片断片があると、
脳みそは納得する形につなごうとする。ムリのない動きですよね)

結婚してるし、子供も作ってるし、だから鋼鉄のルールではないんですが
日常生活でなんか油断してると顔をだすっぽい。
子供時代「群れると危ない」「仲間ってなんなんだおー」
という感覚がつよくて集団遊びに没入できなかった。
あれもこの「捕まって処刑」というシチュエーションを背景に投入すると
説明がつく。。。捕縛側が群れで仲間で、ワタシ側はひとり。
うーーーー。ムリもない(笑)

いわゆる過去世。
いまのところ神とかそこらへんの人は
私に「輪廻はある」とは教えてくれてません。
時間軸を超越した視点からみると
同時発生的にまあ、本棚に本が並んでいるような
状態でしょうから、もしかすると「輪廻はあって、かつ輪廻はない」状態が
その視点からの整然とした説明かもしれない。

するといわゆる「過去」世ではないというのも一つの説明。

そうしてもう一つ、この人、直接のお知り合いではないんですが
「白樺(シルバーバーチ)さん」によれば類魂の体験はすべて「わが体験」
として知覚可能らしい。ということは私が変性意識の中でたどった
「私に構うと殺される」の実体験は、私が地球に生まれるときに
「なーこれ持ってって解放してくれよー」と類魂から預かった知覚かもしれない。
え、解放って知覚してなんで解放かって?
んー「無理ないよなー」「これじゃー辛いよなー」って
心底思ってもらうと慰められるじゃないですか。慰めと癒しと和みと愛みたいな。
で、あっちで待ってる類魂くんは「あー43歳になってやっと思い出しやがったー」
とかわいわい。ただし時間の概念がないので発生したこれははじめから発生しており
類魂くんはすでに私が誕生するかしないかのうちに慰められ終わっていると。
ごめん、ややこしい理屈こねちゃった。説明足りてる??

まだ私、思い出してないいろいろなことを、預かってたっぽいぞ。
ミヒャエル・エンデが「壁の向こうへ飛ぶ人」がいろいろ預かりすぎて
重さで墜落するというストーリーを書いてるんですが、
ええ、知覚や体験感覚は重さはないですからね。
でも預かった本人は子供時代が生き辛かった。。。
あの辛さは「誰でもそうなんだろ」と一人合点していた。違ったし不要だった。
少しずつですがあっけらぽっかーんに戻りました。(2020年の本人回想より、なーんて)


あ、だめ?

ま、物語として「ふっ」って笑って下さいよーーー。
ね?

なんで生活記録にこんな怪しっぽい話書いてるかって?
8月の末から脳みその端っこで「地球になんか来なきゃよかった」なんて
類魂さんか何かの物語の登場人物さんかの考えが
ふっとわいてまして。
個人的には、なんかその考えを慰めてやりたくて、
「地球に来た甲斐あったろ?」みたいな事例探しを脳みそがはじめちゃってて。
私の脳みそ。まぢめな働き者なんですよ。
いやこれも、私が宇宙から来たってわけじゃなく
なんかよそから預かったSFネタかもしれないしね。

ところで同カテゴリ(笑)のネタをもう一つ書いておきますと。
このおねいさんのところから出た直後に見た車のナンバーが11-11。
うわ、と思って斜め右へ身体を戻して目に入ったのが
「VIRTUE スタッフ募集」
正確には力天使は複数形らしいのですが、英語を母語としてないワタシは
この表記をみて「うわ天使に一緒に働け言われた」と反応

ワタシってば天使スタッフ登録済~。


あ・・・
あわれな脳みそを笑わんでくだせえ。。。(笑)


どうすかストーリーとして面白かったすか?
ん?できすぎ?
でもできすぎた実話でした。面白いでしょ。

ワラーてくれた人も!イラっときたあなたも!ほんとうにありがとう
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
category
ラクに生きるヒント

Comment

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/22-58822953

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。