スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

木の幹を抱っこしてみましょう

放流してあげられていない感情は、身体にたまりますよね。

で、熱を出してるとジョギングできないように、
本当に苦しいときには「どうしたの?」と身体に尋ねてあげることさえ
億劫だったりします。
そんなときのための「プチリリース」シリーズ。
少しずつ書いていこうと思います。

即効性はありません。劇的に気分がリセットしきれるということもありません。
けれど、「プチ」でもちゃんと「リリース(解放)」されています。

余力が出てきたら、自分の中の感情の小魚さんたちに、
「そこにいるよね、わかってるよ、海にお帰り」と言ってあげることにして。。。
お母さんの手みたいな、とりあえずの応急処置です♪




   木の幹を抱っこしてみましょう





他人にハグするように、抱きつきます。
大丈夫!街路樹でも、新宿御苑でも、近くの公園でも
「あんた、何やってんの」
と聞かれたことがありません。実践回数40回以上のデータです。
明るめ広めの、人の少ない公園がいいですかね。

いろいろな木があるところへ行って、きき酒ならぬ「きき木」をしてみるのもステキです。
例えば私は、”エネルギー”という微細なものを体感できないたちなのですが、それでも

・松は、すーっとする感じ
・桜は、甘やかしてくれる感じ
・ケヤキは、ひんやり硬いねーー
・しいの木、なかなか心地よし
・いちょう、・・・大好き~

こんな風に抱っこした時の自分の感じ方の違いを面白がることができます。

他人に相談せずに頑張りたい。。。というフェーズにいる皆さん。
木を使って下さい。彼らは頑丈で、器量の大きい存在です。
アナタが預けた感情を、根でアースするくらいの技術は
たぶん持っていると思います。
動ける存在のゆれっぷりを、迷惑がらず、たぶん結構面白がってくれます。
木は孤独ではありませんから、一人で異質なエネルギーを抱え込んで
孤独死することはありません。安心して、頼ってみて下さい。
スポンサーサイト
category
プチリリース

Comment

私も木にハグ大好きです♪

先日はありがとうございました。
早速ブログを拝見し、癒されてます(笑)
私も、行く先々で木にハグ!大好きです。
樹齢の大きな木程「細かいこと気にするな~」と励まされるような気がして元気になります。
それと、瞑想をしているような感覚になり身体と心のつながりお感じます♪
  • 2012⁄01⁄13(金)
  • 09:51

いいですよね~

Arisaさま、こちらこそありがとうございます☆
Arisaさまの「行きつけ古樹」ってありますか?

私は、東京の目黒駅東口徒歩2分「誕生八幡神社」の
イチョウ2本でしょうか。。。
自然教育園の中の「物語りの松」も、古樹ランク上位(笑)

”木ハグ”をひそかなブームにしたいですねー。
  • 2012⁄01⁄13(金)
  • 13:14

「お」と「を」打ち間違いしてましたね(笑)はずかし~
私、自然教育園の近くでヨガを深めていたので
よく行きましたよ~
目黒は美味しいお店、楽しいお店が沢山あっていいですよね
私は氷川神社境内のイチョウ、それと上高地にあるハイキングコースのケヤキがお気に入りです。
  • 2012⁄01⁄18(水)
  • 11:16

上高地、いいですねえ~

Arisaさま 引き続きありがとうございます。

> 「お」と「を」打ち間違いしてましたね(笑)はずかし~

大丈夫、大丈夫。一字間違えたくらいで、
家が損壊したり庭がなくなったりはしませんよー。
ましてや、Arisaさまの素敵さやかわいさが
増しこそすれ、へるもんですか(あ、それが、望む自己イメージと、ちがう??)

> 私は氷川神社境内のイチョウ、それと上高地にあるハイキングコースのケヤキがお気に入りです。

シェアをありがとうございます。
長い長い参道から両側が大木という場の装置は、
「澄んだところに入っていく」すっきりさの引き出しとして
ほんとうに、よく考えてありますよねーー。そしてイチョウに会う、と。

上高地、数学の重山先生と見た満天の星。
ブログタイトルともリンクしてますが。
重山先生には「再試」の文字の右肩に小さい3を書いてもらったな。
(「3乗」の表記です。単なる3回目の再試だったのだがorz)

当時の赤っ恥イベントは、すでに楽しい思い出ですね・・・。
  • 2012⁄01⁄24(火)
  • 03:38

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/40-21082a1b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。