スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

花屋さんに立ち寄りましょう

ぐったりしている人も、はきはき動いてる人も、
お久しぶり、「プチリリース」シリーズ~♪

何か、疲れに一役買ってるかもしれないものを「デトックス」と意図できる部分は、意図して。

ピンポイントで「これだ」とわからないとき、地球そのものに力を借ります。
グラウンディング瞑想、温泉、天然石、深呼吸、海水浴、森林浴、山、寺社仏閣、星見、月見。
マッサージ、エステ、コーチング、カウンセリング、セラピスト、ヒーラー、流しのヒーラー(笑)


            あぁ、地球系以外の手段、ないか


越智啓子先生は、地面に寝っころがって「アースする」という超強力ワザを提唱されています。
今のところ人目が気になりすぎて、地べたには寝っころがれない都会あたりの女子は、


            花屋さんに 立ち寄りましょう~~~
            果物屋さんと、八百屋さんにも、立ち寄り~~~

   ん?手軽ですって?手軽でしょ。
   弱ってても時間がなくてもできるのが「プチリリース」ですから。


   プチリリース後、続けて現状のまま が ん ば ら な い こと!


   がんばらない、無理しない、自分に誠実に、という
   仕切りなおしのための
   ”ひといきつく方法”として、ワタクシから提示しておりますので。

   見直しには時間とエネルギーが、かかりますからね。。。

      **************
3月21日(水)14:00~16:30/17:00~19:30
恵比寿近辺ならこの開始時間。ほかの地域は移動時間ちょうだいね♪

受付中です。ほんとに、ほんとに、ありがとうございます。
※時間は150分で載せていますが、短めのお時間も承っております。
セッションメニューはこちら

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
にほんブログ村 匂い水仙が好き。あなたは?
      **************

私の母は、自分の疲れを解放できないで「鉢植えを枯らす人」でした。
植物はどえらい優しいのです。「あんたのせいで死んだ」なんて言いません。
あのヒトたちの命は、人間の命とはちょっぴり構造が違うようでして。。。

そして、それが生きられる運命なら、
「根に対して鉢が狭い」「栄養剤をぶちこむべきだ」「水が多すぎる」と
わかる人間が、その植物のすぐ近くに配置されますから。大丈夫です。


すごくあなたが弱っているなら、菊の花で結構です。
2000円分とか3000円分とか一挙に買って
花瓶は、バケツや酒ビンでOK。どさっとおそばに置いてください。
天然石アクセサリーをお持ちの方は、花のそばに置いてやってください。

花は、水に砂糖を少しだけ混ぜれば、若干持ちがよくなります。
あと、暖房から離せば。
寝込んでいる方は、誰かに買ってもらってね☆

バラやトルコ桔梗などの花びらのうすい種類より、
ガーベラ・菊類のほうが、たいそう持ちます。円形ですし。暖色しかありませんし。
色も形も、たいへん重宝です。葉っぱの緑濃いし。
ゆりもおすすめです。ゆり科も、いい仕事しますよ。

あなたが手元不如意なら、毎日帰宅まで2軒でも3軒でも花屋さんのハシゴをしてください。
花屋と果物屋と八百屋ですよ。植物がどっさり置いてあるところ。
ハシゴをしつづけてください。それだけでエネルギーが変わります。

「ハシゴだけ」です。ええ。
買わなくて結構。大根もキャベツも余分に買わなくて結構。
そのうち、箱や束で買える日がきますから。お金が友達な日が来ますから。

生花の葉っぱを愛でて、そっと指先でさわってください。そっと。店員さんは怒りません。
キャベツや白菜の山のそばで、深呼吸してください。

・・・この記事を見て「商品に邪気を移しやがって」とカチンと来る方がいたら、
その方は自分になにかを禁じていて、
禁じている何かを「何も買わずに葉っぱにさわる」etcに投影している可能性があります。
他人に怒っているご自分を、まず癒してあげてくださいね・・・。
たぶんその怒りは、泣いている小さなあなたの一部分です・・・。

そして。植物は集合体としてエネルギーを操ってるっぽいですから
二枚程度の葉っぱに疲れを取ってもらったとしますよね。すると、
「ふるふるー」の「さわさわー」って感じで、

吸い取ったエネルギーを広ーく希釈分散してますね、たぶん。あのヒトたち。

場を共有する(根っこや水や酸素と二酸化炭素でつながっている)仲間の間で。
エネルギーの移動に敏感なヒト、観察して私に教えてください。
何が起こっているか、私も確実に見当がついていないので。
でも、すごいことをケロっとやっているようです。
だから、触られた葉っぱだけ痛んでいくということはないのです。


元気になったら、お金が応援にきてくれたら、

そのときこそ、ごーじゃすな花を、またまたご自分のために買いましょう。



以上。これがお見舞いに花・・・という文化の背景でした。ちゃんちゃん。
スポンサーサイト
category
プチリリース

Comment

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/80-c314bb43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。