スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

Another wayがあること

みなさんは、自分の中の制限がはずれたり、成長したりするときって

どんな感じだか、身体の感覚に共通点はありますか?




私の場合は、

「眺めがひらける感じ」「ゆるんで一息つく感じ」「”ひざかっくん”※で笑う感じ」。

いつも、これで局面が一段落ついているような気がします。

※ひざかっくん=武術奥義の一。グラウンディング奥義であると看破した人間はまだいない。
 後ろからの必殺ワザ。敵のひざ裏に術者がひざをあて、自らのひざを「かくっ」と折る。
 技をかけられた側は、
 他に意識が飛んでいた状況から、自分の軸が一瞬立たない下重心へと戻らされる。

      **************
セッション受付中:3月21日(水)14:00~16:30/17:00~19:30
恵比寿近辺ならこの開始時間で行けます。ほかの地域は移動時間ください♪

※時間は150分で載せていますが、短めのお時間も承っております。
セッションメニューはこちら~

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
にほんブログ村 今回の転生の目的は、おいしいごはんだ!
      **************

私なんかはだいぶ”成長好き”らしく、
赤ん坊の頃から「家のメンバーを助けられない無力さ」に
歯ぎしりしていたクチでして。

       (便宜上の名前を「アダルトチャイルド」といいますね♪)


母親がいっぱいいっぱい、祖母がいっぱいいっぱいの世代間残念派、
祖父はコミュニケーションスキルがだいぶ残念でアルコールに××な感じで、
父は日曜日もなく働いてる(=生育歴由来で夫や父親として相当残念:笑)家ですので
私が救いに来たというストーリーが、もうバリバリにしっくりくるわけですよ。

       (愛の発動のために、凝った脚本を設定して地球に来たたぐいですね♪)


この環境設定で赤ん坊や幼児の場合には、
自分が病気としてしょいこむ形でのサポートしかできませんね。

誕生前から働きまくってやがると
自分の発育のもろもろが手薄になるわけですよ。
体重は増えないわ、難産だわ。

すると「心配で心配で、よう育たんのやないかと心配」されるわけですね。
逆立ちしたって「うわーがんばってる子やわーー」なんて言われたりはしません。

親、自分がhappyに過ごしてないと、赤ん坊にしわ寄せが来る!なんて、気づかなかったですね。
いまだに気づかないふりしてたりして、だいぶいじらしいですね。


   あ、表面上のドラマとしてですよ。ハートの奥は誰でもけろっと神様ですから。


生まれてからも同じように自分が病気としてしょいこみますし、
保護・育成面で残念な部分を、なんとかサバイバりますね、表面上。
泣いて泣いて泣きやまなかったり、週一で浣腸されてたりするわけです。

すると「この子は身体が弱くて人見知りで」
と、子供が最悪で親が必死で助ける状態を現象させることができるわけですね。

いやいや。安心できるほんわかな環境さえありゃーーいいっつーの。


「もう少し素直な子になってほしい」
愛する親から、そういう残念なコメントを頂くんですねーーー。ああ残念☆
育児日記にご直筆で頂いておりまして、読み返してますねしみじみ。

       (私が母親になってからの体験を特殊にしたくて、
        母に「こういう役やってよー」とねだったんでしょうね♪)



だから小学生のころなんか、なんとあの植木等さんや所ジョージさんが”嫌い”なわけです。
「私がこんなに大変なのに!大人のくせにふざけてばっかりいて!」
という一途(笑)な捉え方を固定することで、がんばらせて頂いているわけですね。

  ほかには「大草原の小さな家」騒ぎすぎで嫌いつつ見てましたね。
  「中学生日記」は現実が面倒くさいのにTVでもややこしいのはイヤで見てませんでしたね。
  嫌いだったもの、怒っていたものって、結構、後の自分にとって意味があったりしますね。


で、生き延びて一息つくと、植木等さんや所ジョージさんが、やっと味わえるわけですね。

  ウチの夫なんか息子に

  「ハダカの豚がいる スブタ」(←所さんの歌です)

  この歌を教えて、今私が息子にリクエストして3回も4回も歌わせますからね。
  まー天使の3歳児ボーイソプラノだから。はい。発音「シュブタ」です。



神社の石段登りきって

「うーーーーーーーーーーーーー」

ってのびてる感じですかね。息をつきながら、それまでとの見晴らしの違いを
それとなく確認してたりしますね。「登ったぜ」というヨシ感とともにね。



「がんばりすぎてるときは嫌うしかなかったAnother wayでゲラゲラ笑えること」
「他愛もないことでふざけられ、笑いあえること」


選択肢が増えることが成長、というお題でした。
アウトプットって大事だね。文にしてみると完全に慰められてないですね。
もっとけろっとするために、もうひと癒し、しましょうっと。


完全にどうでもよくなったときが、癒しが終わっているときでもあります。
スポンサーサイト
category
ラクに生きるヒント

Comment

Trackback

http://stelalili.blog114.fc2.com/tb.php/82-216e1f95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。